MustLoveJapan

岸和田城

観光案内

岸和田城(きしわだじょう)は、大阪府岸和田にある平城。岸和田のシンボルの一つで、復元された城に本丸を囲む堀や石垣など多くの遺構を残す。1334年に和田高家によって築城され、その後さまざまな城主を経て岡部氏が6万石で入城する。現在の遺構は岡部宣勝が造った物である。本丸と二の丸の遺構は良く残っており、また町には石垣の一部も残っている。また、珍しく街道が城の中を通っており、城下町が宿場町ともなっている。本丸にある八陣の庭は国指定名勝に選定されている。

観光案内
駐車場【有】
トイレ【有】
天守閣入城時間:10:00~17:00(最終16:00まで)
休場日:月曜日(年末年始)
料金:大人300円、中学生以下無料
団体割引有。

アクセス
南海本線蛸地蔵駅から徒歩すぐ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 岸和田城

詳細案内

岸和田城
天守:復元
城郭の種類:平城
天守構造: 複合式望楼型5重5階(非現存、1597年築)
築城年:1334
築城主:和田高家

1334年、楠正成の一族和田氏が当時「岸」と呼ばれていたこの地に城を築き、根拠地としたことから「岸の和田氏」と呼ばれ、岸和田の地名の起こりになったといわれる。その後、信濃氏、細川氏、三好氏、松浦氏、中村氏、小出氏、松平氏とかわり、1640年に岡部宣勝が入城、以来13代続き明治を迎える。岸和田城は別称「猪伏山ちぎり城」。「ちぎり」は、機のたて糸を巻く器具で、本丸と二の丸を連ねた形が「ちぎり」に似ているところから由来する。また、「千亀利城」とも書かれる。1827年に落雷により五層の天守閣が消失し、1954年に復元された。大阪の史跡に指定されている。

八陣の庭
1953年、当時の庭園設計の第一人者であった重森三玲によって設計監督された。庭石材料は作者が、一石一石選定した和歌山県沖ノ島産の緑泥片岩を用いた石組を京都白川産の白砂で囲み、一本一草入れない枯山水としている。テーマは諸葛孔明の八陣法を取り入れ、大将を中心に天・地・風・雲・龍・虎・鳥・蛇の各陣を配している。

本庭は城跡の保存を意識し、将来建築されるであろう天守閣から、さらに上空からの俯瞰を意識して作庭されたこれまでにない近代感覚にあふれた独自の創作による。