MustLoveJapan

鬼ノ城

観光案内

鬼ノ城(きのじょう)は、岡山県総社にある山城。7世紀頃に築城された。鬼ヶ島のモデルとなった山城で、伝説では吉備国に来た、百済の王子・温羅によって築城されたと伝えられる。温羅は、吉備国を征圧し、山城を築き略奪や婦女子を掠奪したので、人々は恐れて鬼ノ城と恐れた。人々は朝廷に温羅の討伐を依頼し、吉備津彦命が派遣される。吉備津彦は温羅を退治し、吉備国を平定する。この物語が桃太郎のモデルとなったと言われている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:無料
入場時間:終日

アクセス
JR吉備津線服部駅より徒歩1時間。


特集

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 鬼ノ城

詳細案内

鬼ノ城

天守:無し
城郭の種類:山城
天守構造:無し
築城年:7世紀
築城主:温羅

鬼ノ城は、標高397メートルの鬼城山に築城された神籠石式山城。国の史跡に指定されている。

築城年代は、詳しくは不明であるが、663年の白村江の戦いに倭国が敗れた後、唐・新羅の侵攻に備え築城したと考えられている。

鬼城山の山頂を取り囲むように、城壁が2.8kmに渡って取り巻く構造で、城壁の要所に城門が備えられているほか、排水機能の水門がある。現在は西門が復元されているほか、石垣などが修復されている。

日本100名城の一つに選ばれ、山頂に建つ場内からは総社の景色が一望出来る。現在は遺跡の他に自然が堪能できるハイキングスポットとして知られる。

伝説では、百済の王子・温羅居城で知られ、吉備津彦による温羅征伐の伝説は、桃太郎の物語となったと考えられる。

オフィシャルホームページhttp://www.city.soja.okayama.jp/kanko/kankochi/kinojo.jsp

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)