MustLoveJapan

岩村の木村邸

観光案内

木村邸(きむらてい)は、岐阜県岩村にある商家の屋敷。恵那市の重要文化財に指定されている貴重な建物で、現在も良好な状態で残す。母屋が3階建てと江戸時代としては珍しい建築物で、裏には見事な庭園と蔵が備えられている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
駐車場は市営の物を利用。
料金:大人200円、子供100円。中学生以下無料。団体割引有り。
土佐家住宅と共通券。
時間: 9:30~16:30 (冬季は16:00まで)
月曜休館。

アクセス
明知線岩村駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 岩村の木村邸

詳細案内

岩村の木村邸

種類:歴史観光 武家屋敷 城下町 伝統家屋

木村家は元も元は三河の藩士であったが、1638年に丹羽氏が岩村に移封の際、この地に随行してこの地に入り、町人となる。その後城主に直接物を納める問屋業などで財産を築き豪華な家屋を建築した。身分の低い商人であったが、問屋職に加え、御用達職に任じられて苗字帯刀を許され木村の苗字の名乗ることを許された。財政面で、藩主を良く援助し、特に田畑開拓、道路の整備、そして岩村の文化向上に貢献した。

正面の格子には、大名行列を除く特殊な窓が設置されている。表店と座敷の上部にはいずれも2階があり、3階の茶室と合わせて総部屋数は28である。当時の豪商の贅沢な家屋の様子が良く見ることが出来る。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)