MustLoveJapan

三浦邸

観光案内

勝山三浦邸(かつやまみうらてい)は、岡山県真庭にある伝統家屋。勝山藩三浦氏の最後の藩主によって、明治維新の後に建てられた住宅。明治時代の建築で伝統家屋の様子を良く保存する。庭園も設けられており、アジサイ、ツツジ、サクラ、ツバキなどの花が咲き、秋には美しい紅葉が楽しめる。レストランが隣接されており、勝山の郷土料理が楽しめる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:無料
時間:11:00~15:30
火曜日水曜日休館。

アクセス
国道313号線沿い。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 三浦邸

詳細案内

三浦邸

種類:伝統家屋

三浦氏は、1764年に勝山藩主となり、明治維新を迎えた。新政府は彼の領地と住宅を没収した。最後の藩主、10代顕次は地元庄屋の支援を受けてこの邸宅が建てられた。

屋敷の正門前に、樹齢数百年とされる巨大な椎の木が立つことから別名「椎の木御殿」との呼び名で親しまれている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)