MustLoveJapan

真庭勝山

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

真庭市勝山(まにわしかつやま)は、岡山県真庭にある城下町。のれんの似合う伝統家屋が建ち並ぶ江戸風の町。白壁になまこ壁、格子窓の入妻造りの伝統家屋が建ち並び、それぞれの家屋や店舗が独特ののれんを掲げている。伝統家屋の中には江戸時代の武家屋敷が現存する。歴史が味わえる城下町である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
中国勝山駅周辺。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 真庭勝山

詳細案内

種類:城下町 着物の似合う町 伝統家屋 武家屋敷

勝山 古い町並み保存地区は、格子窓やなまこ壁など江戸時代の風情を良く残す住宅が建ち並ぶ歴史を感じる美しい町並みが保存されている。また、暖簾の似合う町として多くの軒が暖簾を掲げている。それぞれの古い家を利用した店舗に、個性あふれる暖簾がかけられ独特のイメージを個々に表現している町並みである。

勝山武家屋敷は、1764年に建てられた建築で、160石の侍渡辺家によって使用されていた。渡辺家は上級武士であり、勝山藩の家老で在ったが、質素な造りで、格式の中にも質素倹約を旨とする当時の武士の生活を体感することが出来る。また蔵には渡辺家の鎧や武器が展示されている。

勝山三浦邸は、勝山藩三浦氏の最後の藩主によって、明治維新の後に建てられた住宅。明治時代の建築で伝統家屋の様子を良く保存する。庭園も設けられており、アジサイ、ツツジ、サクラ、ツバキなどの花が咲き、秋には美しい紅葉が楽しめる。レストランが隣接されており、勝山の郷土料理が楽しめる。

神庭の滝は、日本の滝100選の一つで、落差110m、幅20mの西日本最大級の名瀑。秋には美しい紅葉も楽しめる。景観も美しく、日本百景の一つにも選定されている。また滝の途中にはニホンザルに会うこともできる。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //