MustLoveJapan

旧片山家住宅

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧片山家住宅(きゅうかたやまけじゅうたく)は、岡山県高梁吹屋にある伝統家屋。築200年以上の家屋で、ベンガラの製造で財産を築いた片山家の当時最高の贅沢を尽くした絢爛豪華な伝統家屋である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:300円 吹屋ふるさと村郷土館と共通。
時間:9:00~17:00 冬期は10:00~16:00

アクセス
高梁駅からバスで吹屋まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧片山家住宅

詳細案内

旧片山家住宅

種類:伝統家屋

片山家は、江戸時代より10代にわたりベンガラで財を築いた家系である。片山家住宅は主屋主体部は18世紀末期に建てられ1度の建設で建てられた家屋では無く、幾度も増築された家屋である。欄間や釘隠、ガラスなど片山家の家紋入りの豪華な作りが各所で見られる。また、寒さに耐えるために作られたなまこ壁などの特徴も見られるほか、全て高価なベンガラが利用されている。また裏庭には、片山家のベンガラ工場が再現され、様々な資料が展示されている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)