MustLoveJapan

亀戸天神社

観光案内

亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都墨田区にある天満宮。東京一の藤の名所として知られる。1646年に太宰府天満宮の神官菅原大鳥居信祐公(道真公の末裔・亀戸天神社初代別当)が、神託を得て天神信仰を広めるために各地を回り、この地にたどり着き飛梅の枝で刻まれた天神像を小さな祠に祀ったのが起源である。学問の神様である天神さまのご利益を得ようと、毎年多くの学生が合格祈願に訪れる。4月末から5月上旬に境内の藤棚に見事な藤が花咲く。GWには幻想的な藤のライトアップも行われる。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
宝物殿 【有】

拝観料:無料
参拝時間:終日

アクセス
JR亀戸駅より徒歩。


Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 亀戸天神社

詳細案内

亀戸天神社

主祭神:
菅原道真 (すがわらのみちざね)
天菩日命 (あめのほひ)
創建:1646年
主な神事:例大祭 献灯明 8月25日

江戸時代創建、下町の天神様として江戸時代より今日に至るまで多くの人々に親しまれている。

1646年に太宰府天満宮の神官菅原大鳥居信祐公(道真公の末裔・亀戸天神社初代別当)が、神託を得て天神信仰を広めるために各地を回り、この地にたどり着き飛梅の枝で刻まれた天神像を小さな祠に祀ったのが始まりである。当時江戸は明暦の大火により本所の町は大半が失われていた。時の将軍家綱は天神信仰も篤く、復興開発事業の土地とさだめ、鎮守の神様として現在の地に社地を寄進された。

オフィシャルホームページhttp://www.kameidotenjin.or.jp/

(参照:オフィシャル情報)