MustLoveJapan

上下

観光案内

上下(じょうげ)は、広島県府中にある白壁のにあうロマンの町。石州と備後の間の宿場町として栄えた。現在も白壁やなまこ壁を持つ伝統家屋が多く残るロマンあふれる町である。特に白壁の道は商店街でも有り、うだつ・虫篭窓等が当時の面影を残す江戸時代の宿場町の雰囲気が今も楽しめる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR福塩線上下駅周辺。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 上下

詳細案内

上下

種類:宿場町 伝統家屋 歴史観光 一人旅

上下は江戸時代は、石見銀山からの銀の集積地として重要で幕府の天領であった。交通の要所でもあり、この辺りの政治及び経済の中心地でもあった。多くの家屋は、豪雪地帯の特色であるなまこ壁を有する。なまこ壁は瓦を漆喰で塗り固めた壁で特に寒さに強い構造の壁である。白壁、格子窓と合わせて独特の景観はロマンが溢れている。

旧田辺邸は、江戸時代の町屋のひとつ。当時は、掛屋であったが、明治時代には酒造所になった。現在は、各時代の様式が随所に見られる生きた博物館となっている。

上下歴史文化資料館は、上下の貴重な資料の数々が展示してある他、昭和の日本の文学者・岡田美知代にまつわる資料が展示してある。岡田美知代は、ここ上下で生まれた。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)