MustLoveJapan

岩崎城

観光案内

岩崎城(いわさきじょう)は、愛知県日進にある平山城。1528年、織田信長の父信秀によって築城された城で、後三河の松平清康(家康の祖父)によって奪われる。その後は、丹羽氏によって戦国時代を通じて統治される。現在、石垣、土塁、堀が良好な状態で残るほか、模擬天守が復元され郷土資料館として利用されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:郷土資料館無料
入場時間:9:00~17:00(入城は16:30まで)

アクセス
長久手古戦場駅よりバスで岩崎城まで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 岩崎城

詳細案内

岩崎城

天守:無し
城郭の種類:平山城
天守構造:無し
築城年:不明
築城主:織田信秀

岩崎城は、織田信秀によって築城されたと考えられる。

1584年、小牧・長久手の戦いで、丹羽氏重は兵士300を持ってこの城を死守し、池田軍の進軍を止める。氏重の命がけの戦いは徳川・織田連合軍の勝利に大きく貢献した。

その後、岩崎城は廃城となる。

現在は、曲輪、空堀、土塁、土橋などが遺構を残し、模擬天守が復元されている。


オフィシャルホームページhttp://www.mf.ccnw.ne.jp/iwasakijo/

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)