MustLoveJapan

伊東家と梅田家

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

伊東家住宅と梅田家住宅は弘前にある武家屋敷。弘前城の北側は仲町と呼ばれる武家屋敷の地区であり、伊藤家・梅田家はそこに移築された武家屋敷である。豪雪地帯の東北ならではの武家屋敷の特徴をよくあらわしている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】
料金:無料
時間:10:00~16:00
休館日
7~10月:火曜日・金曜日
11~3月:週末のみ開館。梅田家は12月から休館
年末年始
8月13日

4月~6月とねぶたまつり、菊と紅葉まつり、雪燈籠まつりは休刊日無し。

アクセス
弘前駅からバスで「亀の甲門前」下車。徒歩5分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 伊東家と梅田家

詳細案内

伊東家と梅田家

種類:武家屋敷

伊東家
伊東家の建築物は当初元長町に建てられた物をこの地に移築した武家屋敷である。伊東家は藩医を勤めた侍であり、建築年代は19世紀初頭と考えられる。幅12.6mx奥11.5mの規模で、間取りは、式台玄関、座間、座敷、板の間、次の間、常居がほぼ正方形に配置されている。座敷は、簡素ながらも質実剛健な造りで、幕藩時代の落ち着いた生活が伺える。

梅田家
梅田家は19世紀の中期に建てられた武家屋敷で、在府町にあったものを移築した。幅8.5mx奥11.5mあり、間取りは式台玄関、広間、座敷、常居台所を正方形にそして寝間と土間が置くに配置されている。外観は冬の季節には風邪対策で北と西は閉鎖的に、南と東は採光と風通しを考慮した開放的な造りになっている。津軽地方の一般的な武士の住宅である。