MustLoveJapan

石舞台古墳

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある日本最大の方形墳。蘇我馬子の墓と伝えられる。30数個の岩の総重量は、約2300tにもなる。特に天井部分は約77tもあり、造られた当時の優れた土木・運搬技術が伺える荘厳な遺跡である。この古墳は封土の上部がなくなり、玄室部の天井石と側壁の上部が露出していて、天井石が平たいので、古くから石舞台古墳の名で親しまれている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人250円、高校生200円、中学生150円、小学生100円(団体割引有り)
時間:8:30?16:45

アクセス
飛鳥駅からバスで石舞台下車。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 石舞台古墳

詳細案内

石舞台古墳

種類:古墳 遺跡 歴史散策

石舞台古墳は、総重量2,300tにも及ぶ巨大な古墳の石室。封土が失われて、玄室部が露呈している。6世紀末から7世紀前半に造られた蘇我馬子の墓と伝えられる。玄室の長さは、約7.6m、幅約3.5m、羨道部の長さは約11.5m、幅2.2m、高さ4.7mある。天井石は重さが77tある。現在封土基部は方形で、外斜面に自然石の貼石がある。一辺の長さは約55m、空堀に囲まれておりその幅は6.5mある。巨大な石材を架構した雄大さは、日本古墳の中でも特に美しい。

埋葬品は盗掘にあっており失われている。

国の特別史跡に指定されている。現在は内部も石室は公開されている。