MustLoveJapan

旧因州池田屋敷表門

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧因州池田屋敷表門(いんしゅういけだやしきおもてもん)は、江戸大名屋敷の表門の1つ。丸の内にあった門で、明治25年に芝高輪台町の常宮御殿の表門として移築され、その後、東宮御所として利用され、現在上野の東京国立博物館正門の西に移築されている。江戸末期の建立で屋根は入母屋造り、左右に向唐破風造の番所を備えた、大名屋敷で最も格式の高い門である。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

博物館に入らなくとも外からよく見える。

アクセス
上野駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧因州池田屋敷表門

詳細案内

旧因州池田屋敷表門

因幡藩池田家の大名屋敷の門で、恐らくは室町時代の建築。高輪台に1892年に移築され、その後現在の位置に移築される。国の重要文化財に指定されている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)