MustLoveJapan

稲村ヶ崎

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

稲村ヶ崎(いなむらがさき)は、神奈川県鎌倉にある小さな岬。由比ヶ浜と七里ヶ浜の間にあたる。鎌倉時代は都市を守る西の要害であった。しかし1333年に、新田義貞が干潮を利用して岬を迂回し、鎌倉に攻め入り鎌倉幕府を滅ぼした事で有名である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
江ノ島電鉄稲村ケ崎駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 稲村ヶ崎

詳細案内

稲村ヶ崎

種類:歴史観光 名勝巡り

稲村ヶ崎は1333年に新田義貞が軍勢を率いて鎌倉に侵入し、鎌倉幕府を滅亡させた事で知られる。伝説では、義貞が潮が引くことを願い剣を投げたところ、潮が引いて干潮となった事で進入が果たせたと伝えている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)