MustLoveJapan

報国寺

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

報国寺(ほうこくじ)は、鎌倉にある寺院。孟宗の竹林の庭園で有名な足利家ゆかりの古刹である。開山は1334年、天岸慧広が開山、開基は足利尊氏の祖父である足利家時である。臨済宗建長寺派の寺院。その美しい竹の庭園は、東国の花寺100選の一つにも選ばれている。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】

拝観料:200円
参拝時間:9:00~16:00

アクセス
鎌倉駅よりバスで浄妙寺まで。そこから徒歩。

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 報国寺

詳細案内

宗派:臨済宗建長寺派
開山:天岸慧広
創建:1334年
正式名称:功臣山 報国寺

報国寺は、鎌倉末期に創建した足利氏と上杉氏の勃興によって栄えた寺院である。天岸慧広によって開山した。

1439年に起きた永享の乱で敗退した、関東公方・足利持氏が永安寺で自刃した時、その長子・義久がこの寺に入って自刃した悲劇の寺でもある。今日は、鎌倉の竹寺として有名で多くの参拝者が訪れる。

(参照:オフィシャル情報)