MustLoveJapan

常陸太田

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

常陸太田(ひたちおおた)は茨城県北部にある町。多くの古い建物が今でも残る、坂と江戸の雰囲気を残している。市街地は鯨ヶ丘と呼ばれる丘の上にあり、鯨をデザインした物が多い。特に鯨焼きは常陸太田の名物お菓子である。また、水戸黄門が隠居した町としても有名で、水戸黄門の隠居屋敷(西山荘)や助さんの屋敷跡などもある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
JR水戸駅より水郡線常陸太田駅まで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 常陸太田

詳細案内

常陸太田

常陸太田は江戸の風情を残す坂と土蔵の町として知られている。戦国時代に佐竹氏によって発展した町である。江戸時代には水戸黄門が隠居した町でもある。鯨ヶ丘と呼ばれる丘の上にあり、鯨ヶ丘という名前は日本武尊によって付けられた。

鯨焼き
大判焼きの一種で常陸太田の名物お菓子。

西山荘
西山荘は常陸太田の観光名所の一つ。水戸黄門としてしられる徳川光圀が最後の10年を過ごした家屋。現在の物は1819年に再建された。