MustLoveJapan

弘前城の桜

観光案内

弘前城の桜は、日本一の桜の名所と名高い。青森県弘前市にある現存天守のある城址公園に約2,600本の桜が4月下旬に見事に咲き乱れる。樹齢100年を越すソメイヨシノが400本以上あり、他にもさまざまな桜が咲き乱れゴールデンウィーク前半には満開を迎える。桜の名所100選にも選ばれている。夜にはライトアップも行われ多くの露天が立ち並ぶ。日本最古のソメイヨシノもここにある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
花見 【有】
露天 【有】
夜桜 【有】

有料期間
4月1日から11月23日まで。
料金:大人300円、子供100円。(団体割引有り)
時間:9:00~17:00
4月23日から5月5日までは夜桜の為に午前7時から午後9時まで開園。
5月最終日曜日は室生快方。
上記の期間以外は無料開放。

アクセス
弘前駅より徒歩30分。バスで10分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 弘前城の桜

詳細案内

弘前城の桜
弘前城(ひろさきじょう)は、青森県弘前にある城郭。1611年に津軽為信・信枚親子によって築城された平山城。現存12天守の一つであり、日本を代表する桜の名所でもある。特に夜桜は有名で、2,600本の桜が5月の上旬に咲き乱れる。天守閣以外にも城門や櫓など全て築城当時の建築物が現存する歴史的価値の非常に高い城址で国の史跡に指定されている。