MustLoveJapan

はりまや橋

観光案内

はりまや橋は、高知にある観光名所。竹林寺の僧・純信が恋人であるかけ屋・お馬の為に髪飾りを買ったという悲恋物語「よさこい節」の唄で有名である。映画「南国土佐を後にして」がヒットして朱色の欄干がはりまや橋として有名になった。現在は拡張されており、江戸時代の面影を再現した橋が横に掛けられている。ただし、気づかない人も多く、その為に近代的な橋を見てがっかりする人が多かった為に、日本三大がっかりの筆頭に選ばれている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
高知駅から路面電車ではりまや橋まで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 はりまや橋

詳細案内

はりまや橋

種類:日本三大がっかり

江戸時代、高知の豪商である播磨屋と櫃屋が堀を隔ててあった為に、私設の橋が建てられた。これが播磨屋橋の名称が着いた。

「よさこい節」で有名である。

江戸時代の風情を思わせる欄干が1998年に復元されている。この為、日本三大がっかりの影は薄くなったと切望されている。

旧欄干は橋地下に展示されている。