MustLoveJapan

木曾義仲の墓

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

木曾義仲の墓(きそよしなかのはか)は、長野県木曽の興禅寺にある。源義仲は木曾義仲として知られる、平安末期の将軍で、源平合戦の主役の一人。源頼朝、義経の従兄弟にあたる。朝日将軍と称された猛将で、平氏を最初打ち破るが、頼朝が送った源範頼・義経の軍勢により、粟津の戦いで討たれた。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
木曽福島駅より徒歩30分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 木曾義仲の墓

詳細案内

源義仲は、ここ木曽で生まれた源氏の将軍。木曾義仲の名で知られる。1154年に、河内源氏の一門源義賢の次男として生まれる。1183年に、越中国礪波山の倶利伽羅峠の戦いで10万の平維盛率いる平氏の北陸追討軍を破り、続く篠原の戦いにも勝利して、入京する。

しかし、京都の治安維持に失敗し、遠征軍が居座って、略奪行為を行ったために信頼を失う。

その後、源義経の軍勢と宇治川や瀬田での戦いに惨敗した。近江国粟津で討ち死にした。享年31歳。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //