MustLoveJapan

武家屋敷旧内山家

観光案内

武家屋敷旧内山家(ぶけやしききゅううちやまけ)は、福井県大野にある武家屋敷跡。大野に残る武家屋敷で見事な庭園と新しく建てられた茶室がある。内山家は大野藩の家老の一人で大野の19世紀半ばに財政再建に大きく貢献した。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人200円、子供無料。
時間:平日9:00~16:00 祝日は17:00まで。冬季は同様に16:00まで。
茶屋の利用は13:00~15:00まで。

アクセス
大野駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 武家屋敷旧内山家

詳細案内

武家屋敷旧内山家

種類:伝統家屋 武家屋敷

内山家住宅は、豪雪地帯の江戸時代の建築の特徴が良く見られる。茶屋では300円で抹茶が楽しめる。武家屋敷に腰をかけ、美しい庭園を眺めながら飲むお茶は格別である。

母屋は1882年ごろ建てられた。1階は座敷・仏間・1間間口の式台のある次の間、6畳間、玄関、4畳間、台所がある。2階は段差をつけた10畳間2室と2畳間、物置が備えられている。母屋と渡り廊下で繋がれている離れは、大正時代に建てられたもので、切妻造り平屋建ての数奇屋風書院である。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)