MustLoveJapan

吹屋郷土館

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

吹屋郷土館(ふきやきょうどかん)は、岡山県高梁市吹屋にある伝統家屋を利用した郷土資料館。吹屋に現存する1874年築のの建築物を利用した資料館で、妻入りの入母屋型でベンガラ格子窓を持つ。石州瓦に、ケヤキ、サクラなどの豪華な木材がふんだんに使われている。石州の宮大工によって建設された。片山家の分家として建築された。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:300円 片山家住宅と共通
時間:9:00~17:00 冬期は10:00~16:00

アクセス
高梁駅からバスで吹屋まで。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 吹屋郷土館

詳細案内

吹屋郷土館

種類:伝統家屋 資料館

19世紀に建てられた贅沢で絢爛豪華な日本建築である。電気の無い時代の明かりを取り入れる工夫が随所に見られるほか、彫刻が各所に施さ、高価な家財道具が備えられれている他、ベンガラと漆の塗装がされた重厚な作りと成っている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)