MustLoveJapan

深川八幡祭り

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

深川八幡祭り(ふかがわはちまんまつり)は、東京都深川で行われる神輿祭り。赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられている。3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれる。大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、その内大神輿54基が勢揃いして連合渡御する様は迫力満点。又「水掛け祭」と呼ばれるこの祭りは神輿と担ぎ手に豪快に水を掛ける姿は独特で、真夏の祭りならではである。かけ声は「ワッショイ、ワッショイ」、まさに江戸っ子の夏祭りである。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【無】
露天  【有】
交通規制【有】

開催日:8月15日
開催時間:連合渡御は朝から、昼頃に富岡八幡宮の前を練り歩く。

アクセス
東西線門前仲町駅。永代通り富岡八幡宮前。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 深川八幡祭り

詳細案内

深川八幡祭り

種類:神輿祭り
正式名称:富岡八幡宮例祭

深川富岡八幡宮の例大祭。富岡八幡宮は1627年に設立され、現在も高い信仰を多くの方から得ている。連合渡御以外にも巫女の神前の踊りなどの催し物も開かれる。神輿の総数120基。3年に1度、宮神輿の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれる。「江戸三大祭」の一つに数えられる、東京で最も迫力のある神輿祭りの一つである。

オフィシャルホームページ http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih1.html

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)