MustLoveJapan

府中

観光案内

府中(ふちゅう)は、東京都の中央に位置する東京で三番目に大きい都市(23区を除く)。旧武蔵国の政庁があり、江戸時代も甲州街道沿いの要所として栄えた。大きなショッピングモールがあり、競馬と競艇場がある都市としても知られる。特に東京競馬場は日本で最も有名な競馬場である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
京王線府中駅周辺。


特集

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 府中

詳細案内

府中

種類:ショッピング

東京競馬場は最も有名な競馬場。多くのG1レースがここで開かれる。

大國魂神社へと続く参道に植えられたケヤキ並木は、1062年源義家と頼義親子が奥州平定の際に勝利を祈願し、平定の後に1000本のケヤキを寄贈したものである。それらのケヤキは近代まで存在していたが、1950年の台風で倒されてしまう。現在のケヤキ並木は徳川家康によって、1596年から1615年に架けて寄進されたケヤキで、現在も残る。この参道は馬の育成に使われていた。

大國魂神社は、東京にある5つの重要な神社の一つで、最も古い神社の一つでもある。書物には創建は紀元前111年とされる。武家の棟梁である、源義家や頼朝、徳川家康など多くの有名人から崇敬を受けた。

分倍河原の戦いは、1333年に鎌倉幕府と新田義貞の義軍によって行われた戦いで、10万の兵を率いた幕府軍が義貞の夜襲によって壊滅した戦いである。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)