MustLoveJapan

反正天皇陵

観光案内

反正天皇陵(はんぜいてんのうりょう)は、大阪府堺にある前方後円墳。百舌鳥古墳群の一つで7番目に大きい古墳である。全長は148mで、墳丘は3段に築かれた傘は14mある。濠に囲まれており、拝所以外からは内部はよく見えない。田出井山古墳としても知られ、宮内庁には百舌鳥耳原北陵と定められている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】
中に絶対に入らない事。

アクセス
堺東駅から徒歩10分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 反正天皇陵

詳細案内

反正天皇陵

種類:前方後円墳 一重濠
規模:全長148m、後円部径76m、前方部幅110m、高さ15m
築造:5世紀後半
被葬者:(伝)反正天皇

百舌鳥古墳群で7番目に大きい古墳。濠に囲まれている。かつては二重であったと考えられる。江戸時代の地図には反正天皇陵の表記が見られるが、他の二つの天皇陵と比べると規模が小さいので、土師ニサンザイ古墳が反正天皇陵では無いかと言う説もある。

後円部は北側にある方違神社の境内からよく見る事が出来る。また、堺市役所の展望ロビーからも良く見下ろす事が出来る。