MustLoveJapan

堂森

観光案内

堂森(どうもり)は、山形県米沢にある前田慶次終焉の地。各所に戦国一の傾奇者の縁の場所が存在する。前田慶次は、織田信長の家臣で加賀藩前田利家の甥で、戦国時代を渡り歩き最終的に上杉景勝の家臣の一人として米沢に入る。堂森には、慶次の墓や親友の直江兼次と酒を飲み交わした丘など様々な名所がある。戦国ファン必見のスポット。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
観光協会で地図が手に入る。

アクセス
米沢駅から徒歩30分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 堂森

詳細案内

堂森

種類:歴史観光 前田慶次 戦国時代

堂森善光寺には、前田慶次の墓所がある。前田慶次は1612年に没しこの寺に埋葬された。境内には、慶事が腕試しを行ったといわれる慶次の力石や、親友の直江兼次と酒を飲み交わした月見平がある。

無苦庵は現在残っていないが、庭に植えられていた矢竹は現在も変わらず残る。他に、慶次が茶をたてる時に使用した湧水、慶次清水などがある。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)