MustLoveJapan

太宰府政庁跡

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

太宰府政庁跡(だざいふせいちょうあと)は、福岡県太宰府にある史跡。又の名を都府楼跡と呼ばれる。九州を納める大宰府の政庁があった場所である。奈良時代から平安時代にかけて壮麗な建築物があったが、940年に藤原純友の乱で焼失した。現在、建物の礎石が遺構として残る。隣接する資料館では出土品が展示してある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
西鉄都府楼駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 太宰府政庁跡

詳細案内

大宰府の観光名所の一つで、福岡の桜とアジサイの名所でもある。

弥生時代、古墳時代などの時代は九州はアジア大陸の玄関で交通の要所で在った。その為に、畿内のヤマト王権は、軍事上の要害と外交の拠点として出先機関である政庁を作る。6世紀にはすでに文献に現れる事から、日本でも最も古い政庁跡の一つである。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //