MustLoveJapan

房総のむら

観光案内

房総のむら(ぼうそうのむら)は千葉県栄町、成田空港の側にある房総の伝統と生活様式を体験できる江戸時代が復元された屋外博物館である。商家の町並みエリアには16棟の商家に総屋・地蔵堂・辻広場・稲荷境内などで構成されており、全ての家やそれぞれの伝統工芸を発表または体験出来る。また、佐倉藩の中級武家屋敷を復元したものや、名主級の農家なども復元されており、それぞれ生活様式などが体験出きる。日本の伝統や工芸が体験する事が出来るのが特徴である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人300円、高校・大学生150円。それ以下、65歳以上無料。
時間:9:00~16:30
休館日:月曜日、祝日の場合は火曜日

アクセス
成田駅西口から竜角寺台車庫行き、房総のむら下車。そこから徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 房総のむら

詳細案内

房総のむら

種類:江戸の町並み 伝統工芸 体験

房総のむらは、房総の伝統的な生活様式や技術を来館者が直接体験するとともに、県内各地から出土した考古遺物や、武家・商家・農家などの展示を通して歴史を学ぶ事を目的とした博物館である。

ふるさとの技、体験エリア
江戸時代後期から明治初期における房総の商家・武家屋敷・農家などを当時の景観と環境を復元するとともに、実演や来館者が直接体験する事で、伝統工芸や生活様式を学ぶ事が出来る。

商家の町並みは、香取などに残る古い町並みを参考に、商家16棟と総屋・地蔵堂・辻広場・稲荷境内で構成されており、人々で賑わう町場の景観を再現している。

武家屋敷は、江戸時代後期に建てられた佐倉藩の中級武士の家を再現しており、名主クラスの農家も再現されている。

また、房総のむらには多くの古墳が出土しており、そこから発掘された多くの出土品も展示されている。


オフィシャルページ