MustLoveJapan

べったら市

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

べったら市は、東京都日本橋にある宝田恵比寿神社で行われるべったら漬けを販売する祭り。毎年十月の19日と20日に開かれる。江戸時代中期に始まった。べったら漬けは大根をアメと麹で漬けた浅漬けで、その昔若者が、「べったり付くぞ~。」縄で縛った大根を振り回して、参詣客の着物につけようからかった処から「べったら漬け」の名前が付いた。東京中の老舗が露天を開いてべったら漬けを売るほか、縁日の露店も多く出店する賑やかな東京の美食祭りである。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【無】
露天  【有】
交通規制【有】

開催日:10月19日20日
時間:終日

アクセス
JR京葉線新日本橋駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 べったら市

詳細案内

場所:宝田恵比寿神社周辺
祭りの種類:食べ物祭り


べったら市の起源は、江戸時代中期に、宝田恵比寿神社門前で10月20日の恵比寿講で供える野菜や魚などが19日から売られた事が起源。べったら漬けは「べったり付く」から来る。現在は、もにべったら漬けと呼ばれるアメと麹の大根の浅漬けを主に販売する祭りである。毎年300から500店舗の露天が出店する。19日には神輿も登場する。江戸っ子の祭りの一つである。

色々な種類の浅漬けを試食して、自分に一番合う浅漬けを発見しよう。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)