MustLoveJapan

ベンガラ館

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

ベンガラ館(べんがらかん)は、1707年に開業し1974年までベンガラ製造所として利用されていたべンガラ工場跡で、赤色顔料で古くから九谷焼,伊万里焼,京焼などの陶磁器の赤絵,能登,輪島などの漆器,衣料の下染,家屋,船舶の塗料など色々の方面に使われた。ベンガラ製造の行程を展示してある。ベンガラは酸化鉄を使った顔料である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:300円

アクセス
ふきや観光協会から車で南へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 ベンガラ館

詳細案内

ベンガラ館

種類:資料館 歴史観光

ベンガラは酸化鉄から造られる赤色顔料で、1707年にインドから伝来し、もともと銅山と鉄鉱石鉱山があった吹屋にて日本で初めてベンガラ製造が行われた。

ベンガラは、まず焼きローハと呼ばれる粉上の状態にする。次に、またローハを焼き、それを水に沈め、石臼で曳く。次に、水に沈めて完全に下に沈殿するのがベンガラである。


(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)