MustLoveJapan

日本橋馬喰横山問屋街

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

日本橋馬喰横山問屋街(にほんばしばくろよこやまとんやがい)は、東京都中央区にある日本最大の現金問屋街。婦人服を中心に120の店が軒を連ねる賑やかな問屋街で、最先端の情報と商品で溢れている。それぞれの店には、目利きのプロが選んだ選りすぐりの商品が販売されている。婦人服以外にも、アパレルやダンス衣装やタオル専門店、紳士服関連、帽子や靴、鞄まで様々な種類の問屋があり、個人で購入出来る店も多い。値段もお手頃なので、買い物が多いに楽しめるお勧めのスポットである。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
馬喰町駅、東日本橋、馬喰横山駅周辺

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 日本橋馬喰横山問屋街

詳細案内

種類:ショッピング ファッション 

馬喰町、横山町の問屋街の歴史は古く江戸時代まで遡る。1792年には19軒の問屋の記録があり、1827年には62軒、1851年には144軒と江戸を代表する問屋街として成長してきた。

横山町は、明暦の大火の後、築地に移動した本願寺の跡地に町が出来、浅草に向かう街道筋で会ったために、小間物、薬種、書物などが販売される問屋街へと発展した。馬喰町は宿場町であり、多くの旅籠があり、地方からの旅人や役人が滞在していた。馬喰町の宿泊客が横山町の問屋街で買い物を楽しむ構図がこの付近を日本一の問屋街へと発展させていった。

現在も馬喰町と横山町の間に走る新道通り問屋街には120余の様々な店が軒を連ねる日本最大の現金問屋街である。


オフィシャルホームページhttp://www.tokyo-tonyagai.com/

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //