MustLoveJapan

飛鳥山公園の花見

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

飛鳥山公園(あすかやまこうえん)は、東京都北区にある公園。桜の名所として知られ、園内には650本の桜が、4月上旬に美しく咲き乱れる。飛鳥山公園は江戸時代に8代将軍吉宗が庶民も桜が楽しめる様にと桜を植えた事から始まる。日本で最初に花見が庶民の為に開かれた公園である。今日も開花時期の週末には伝統に基づいて多くに花見客が宴会で賑わう。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
露天  【無】
交通規制【無】
夜桜  【無】

開花時期:3月下旬から4月上旬
入場料:無料
宴会:可 火気厳禁


アクセス
JR京浜東北線王子駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 飛鳥山公園の花見

詳細案内

種類:ソメイヨシノ他
サクラの総数:650本

飛鳥山公園は、徳川吉宗が享保の改革の一環として整備造成された公園である。当時、桜の名所は上野寛永寺ぐらいしか無く、花見の時期は風紀が乱れた。その為、庶民が安心して花見が出来る場所を求めたために、吉宗が飛鳥山に宴席を設け、桜を植えて当たらし桜の名所を造った事から始まる。

開花期間中は夜桜が楽しめる。夜桜は21時頃まで。露天は無いが軽食が楽しめる即設のレストランが出来る。また、サクラ祭りも開催される。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)