MustLoveJapan

飛鳥歴史公園

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

飛鳥歴史公園(あすかれきしこうえん)は、奈良県明日香村にある史跡公園。高松塚古墳と中尾山古墳があり、また歴史公園館と高松塚壁画館があり多くの貴重な出土品の写真やレプリカが見れる。展望台や広場があり歴史を感じる静かな公園である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
高松塚壁画館
料金:大人250円、学生130円、70円(団体割引有り)
時間:9:00?17:00(入館は16:30)

アクセス
飛鳥駅から徒歩20分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 飛鳥歴史公園

詳細案内

飛鳥歴史公園

種類:史跡 歴史散策 古墳 遺跡

高松塚古墳
高松塚古墳は7世紀末から8世紀初頭に造られた古墳である。国の特別史跡に指定されている。昭和の調査で日本で初めて石室内に描かれた壁画が発見された。墳丘の内部には、16枚の凝灰岩内面に塗られた漆喰を下地として、壁に色鮮やかな男女群像や青龍、玄武、日・月像、天井に星宿が描かれていました。こうした壁画古墳は、日本ではこの高松塚古墳とキトラ古墳でしか発見されていない。

中尾山古墳
中尾山古墳は7世紀末から8世紀初頭に造られた古墳である。国の史跡に指定されている。外周にも八角形をなす二重の石敷が巡る。内部の規模から火葬骨を納めた墳墓であると考えられる。

高松塚壁画館
高松塚古墳より発見された石室内部の模型と、出土品の模造や壁画のレプリカが展示してある。