MustLoveJapan

足利

観光案内

足利(あしかが)は、栃木県南部にある都市。鎌倉幕府を滅ぼし、室町幕府を開いた足利尊氏を生み出した都市で、足利縁の地が各所に眠る歴史観光都市である。足利邸があった鑁阿寺や、日本最初の学校足利学校など様々な励起しスポットがある。鑁阿寺の前には、小さな門前町が広がり、石畳の曳かれた味のある商店街が広がる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
JR両毛線足利駅、東武伊勢崎線足利市駅北。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 足利

詳細案内

足利

種類:歴史観光 一人旅

足利は栃木で三番目に大きな都市。15万人が住む歴史のある街である。特に、清和源氏の足利氏の所領であったために、歴史が古い。

鑁阿寺は、真言宗大日派の本山である。「足利氏宅跡」として国の史跡に指定されている。足利氏の館であった時代の遺構である、四方の門、土塁と堀が張り巡らされた鎌倉時代の武士の館の面影が残っている。

足利学校は、現存する日本最古の高等教育機関である。1487年に、上杉憲実が書いた手紙に初見される。戦国時代には、3000人の門弟が学業に励んでいた。現存する門、庭園、一部の建物は17世紀に建てられた建築物である。

節分に開かれる武者行列の鎧年越しや夏の花火が特に有名なイベントである。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)