MustLoveJapan

旧安中藩武家長家

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧安中藩武家長家(きゅうあんなかはんぶけながや)は、群馬県安中にある現存する武家長屋。江戸時代後期に建てられた長屋で、4家の居住区がもうけられており、それぞれに台所と土間が備えられている。下級武士が生活しており、安中城の南部に建てられた長屋は有事の際は、防衛の機能も果たした。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人210円、子供120円。団体割引有り。
時間:9:00?17:00 (入場は16:30まで)12月から2月は16:30まで。
旧安中藩郡奉行役宅と共通券。

アクセス
JR信越線安中駅から徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧安中藩武家長家

詳細案内

種類:武家屋敷 歴史観光 家族旅行 伝統家屋

旧安中藩武家長屋は、数少ない現存する武家長屋。4軒の居住区を持つ長屋で、東端の1棟のみ、設計図をもとに復元された。建築は江戸後期と見られる。安中藩は3万石で、約300人の家臣がおり、約100名が江戸藩邸に居住し、残りが場内に住んでいた。上級武士が独立の家屋を与えられ、この長屋には中級から下級武士が生活していたと考えられる。

全長は47.32m、奥行き5.46mあり、各居住区には二部屋、台所、土間が設けられている。

// //