MustLoveJapan

阿弥陀ヶ滝

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)は、岐阜県郡上市にある滝。日本の滝100選の一つで、落差は60m、幅7m。岐阜県名水50にも選ばれ、県指定名勝でもある。葛飾北斎の絵にも登場する。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
長良川鉄道美濃白鳥駅よりバスで阿弥陀ヶ滝まで(30分)。徒歩20分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 阿弥陀ヶ滝

詳細案内

阿弥陀ヶ滝

落差:60m
幅:7m
種類:直瀑

723年、白山を開山した泰澄により発見され、長滝と名づけられる。
戦国時代の天文年間、白山中宮長滝寺の道雅法師が長滝の近くの洞窟で護摩修業を行なっていたところ、目の前に阿弥陀如来が現れたという。このことから、阿弥陀ヶ滝と呼ばれるようになったという。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)