MustLoveJapan

安久津八幡神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

安久津八幡神社(あくつはちまんじんじゃ)は、山形県高畠町にある由緒ある神社。創建は860年に自学大師とも源義家とも伝えられる。境内には見事な三重塔があり、また室町時代に作られた神楽殿などもある。奥の院からは景色が一望出来秘密の洞窟などがある。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR奥羽本線高畠駅から徒歩かレンタルサイクルを利用。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 安久津八幡神社

詳細案内

安久津八幡神社は860年慈覚大師が豪族安久津磐三郎の協力で阿弥陀堂を建てたのが始まりと言われ、後に平安後期に奥州平定のため、源義家が戦勝を祈願して、鎌倉鶴岡八幡を勧請したと伝えている。

三重塔は、1797年に再建された建物で見事な彫刻が珍しい方三間造で銅版葺き、置賜地方唯一の層塔である。

神楽殿は室町末期のものといわれ、茅葺屋根の上に石造りのギボシが珍しい。

// //