MustLoveJapan

赤神神社五社堂

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

赤神神社五社堂 (あかがみじんじゃごしゃどう)は、秋田県男鹿半島にある5つの神社。赤神神社の本縁とされており、1710年に建立された珍しい工夫の見られる見事な神社群である。なまはげが作った999段の石段がある。男鹿半島の景観が素晴らしい崖から登る森林に囲まれた静かな神社である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
階段がきついので注意。

アクセス
男鹿駅からバスで門前駐車場まで。そこから徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 赤神神社五社堂

詳細案内

赤神神社五社堂

主祭神:赤神「漢の武帝」とされる。
各堂の名称は向かって左から、「十禅師堂」「八王子堂」「中堂」「客人権現堂」「三の宮堂」

五社堂は赤神神社の本縁とされている。中央堂に主神として赤神を祀っている。1216年に鎌倉の源実朝公に請願、円転に命じて比叡山山麓の山王上七社を歓請した物のうち、二社が廃され5社となったと言われる。

1710年に四代目秋田藩主佐竹義格によって再建されている。中央の社だけ他よりも大きくあとは同格である。同格の神社五棟が山中に横に一列並んでいるのも珍しい配列である。

閑静な山中に歴史の重厚さを持った神社である。

Web: http://www.fun-ms.com/akagami/index.html