MustLoveJapan

会津武家屋敷

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

会津武家屋敷(あいづぶけやしき)は、福島県会津若松にある会津藩筆頭家老・西郷頼母の屋敷跡。正確な設計図が残っており、忠実に復元された武家屋敷である。家老クラスの武家屋敷の完全復元は日本でも珍しい。最上級の侍の生活様式が再現されている。他に、幕府の陣屋跡や、茶室などが現存している。会津が誇る、観光名所の1つである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:大人850円、中高生550円、子供450円。
時間:8:30~17:00(4月~11月)、9:00~16:30(12月~3月)冬季と夏季で異なるルートが用意されている。ビデオは冬季ルート。

アクセス
会津若松駅からバスで会津武家屋敷まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 会津武家屋敷

詳細案内

種類:武家屋敷 伝統家屋 家族旅行 一人旅 戊辰戦争

会津藩筆頭家老・西郷頼母の屋敷跡。1868年の会津戦争の戦乱で焼失してしまうが、正確な設計図が残っていた為に、当時の姿がほぼ完全な形で復元されている。建物の他に、家財道具など当時の物と同じ物が展示されている。西郷頼母の家族は戦争の際、ここで自害している。

台所などでは、天井に豪雪を支える見事は梁が見られる。居間は、会津藩主の為にだけ利用された部屋である。居間からは見事な庭園を望むことが出来る。厠は完全に復元されている。見事である。

武家屋敷の他に、代官屋敷が現存する。160年前の建築物で、中畑村から移築された。

嶺南庵麟閣という茶室が建てられている。これは、千利休の次男・少庵によって建てられたものを再現している。

他に、土産物屋やレストランが備えられている。

オフィシャルホームページhttp://www.bukeyashiki.com

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //