MustLoveJapan

合気神社

観光案内

合気神社(あいきじんじゃ)は、茨城県岩間にある神社。合気道の開祖植芝盛平によって、1943年に創建された合気道の神社である。猿田彦命を始め43柱を祀る。多くの合気道家にとって聖地とされ、多くの訪問者が訪れる。また側には植芝盛平翁が晩年過ごした岩間道場が在り、今も世界中から弟子が厳粛に稽古に努めている。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【無】
宝物殿 【無】

拝観料:無料
参拝時間:終日

アクセス
JR常磐線岩間駅より徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 合気神社

詳細案内

合気神社

主祭神:猿田彦命を始め43柱
創建:1943年
主な神事:無し

合気道開祖植芝盛平は、1883年和歌山県田辺に生まれた。大東流をはじめとする柔術・剣術を修行し、最終的に自身の精神哲学を入れた合気道を創始する。

1931年、東京の若松町に80畳の皇武館道場を設立(現在の合気会本部道場)。本格的に合気道の指導を始める。
1940年頃、盛平翁57歳の時から、この地岩間において合気神社の建設に着手する。1942年には岩間に居を構える。翌年、合気神社が完成。1945年には合気神社に隣接し岩間道場が完成する。合気道は古流武術を元に作られた近代武道である。現在、国境宗教の境を問わず全世界95カ国にて合気道は修練されている。1969年4月26年に永眠される。政府から正五位勲三等瑞宝章を追贈される。

石碑の『合氣神社』の文字は盛平の弟子であり書家の阿部醒石(十段)によるものである。

(参照:オフィシャル情報)