MustLoveJapan

四季の旅・東国三社ツアー

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

四季の旅・東国三社ツアーは、鹿島神宮・香取神宮・息栖神社の東国三社を巡る日帰りバスツアー。東国三社は、江戸時代よりお伊勢参りに告ぐ人気のパワースポット巡りである。鹿島神宮、香取神宮は武道の神様を祀る神宮でやる気・気力・体力などパワーを授かる神社と言われている。また、必勝祈願や合格祈願などにも御利益がある。また息栖神社には日本三霊水の一つの忍潮井(オシオイ)と呼ばれる清水がある。人気の東国三社を簡単お手軽に巡れるツアー。是非関東のパワースポットを巡ってパワーを沢山受け取ろう。

観光情報
集合場所:新宿西口都庁地下駐車場7:30。時間厳守。
解散場所:新宿駅西口。翌日18:30頃到着。

バス内にトイレ無し。

料金:お一人様9800円~
期間:通年

対象:お子様から
昼食:無し
温泉:無し
種類:パワースポット

集合場所
新宿駅西口 都庁大型バス駐車場内
地図はこちら

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 四季の旅・東国三社ツアー

詳細案内

鹿島神宮は、茨城県鹿嶋にある神宮。日本で最も古い神社の一つで、紀元前660年に神武天皇によって創建されたと伝えられる。戦いの神である、武甕槌神(たけみかづち)を主祭神として祀る。同じく戦いの神である経津主神(ふつぬしのかみ)を祀る香取神宮と並び、武道の神様を祀る神宮として特に武道関係に携わる者から崇敬されている。武道の道場の多くが、鹿島神宮と香取神宮の掛け軸を飾るのはその為である。歴史的に見ても、多くの侍や将軍が参拝している。


香取神宮は、千葉県香取にある神宮。創建は神代であり、日本で最も古い神社の一つ。戦いの神である経津主神を祀り、鹿島神宮と並び武道の神として多くの武道に携わる者に崇敬されている。多くの道場が香取神宮と鹿島神宮の掛け軸を飾るのが習わしとなっている。

息栖神社は、第15代応神天皇年間創建の関東を代表する由緒正しい神社。鹿島神宮の摂社で厄除け招福の神体を主体としている。また航海・交通の神様でもある。境内には日本三霊水の一つの忍潮井(オシオイ)と呼ばれる清水がる。この湧水は海の側にあるが真水で水が綺麗な時多くのパワーが受け取る事が出来るとされる。

特典
特典1 各日程 先着40名限定 5,800円から の激安価格にてご案内。
特典2 乗換いらず! 出発地より 全行程を効率よくバスにて移動となります。
特典3 全行程 添乗員が同行 いたしますので、初めてのバス旅行もご安心。
特典4 おひとり様参加 も大歓迎! 座席は同性のお客様で配慮いたします。
特典5 東国三社( 香取神宮 ・ 鹿島神宮 ・ 息栖神宮 )を参拝します。
 ※当日は履きなれた運動靴でご参加をお願いします。

スケジュール
7:30 新宿駅西口 都庁大型バス駐車場内
鹿島神宮 (旅行安泰の神を参拝 : 約120分) =バスにて=
食事 道の駅 潮来 (お買物・自由昼食 : 約60分) =バスにて=
息栖神社 (井戸をご神体とする神社を参拝 : 約90分) =バスにて=
香取神宮(千葉県屈指のパワースポットを参拝 : 約80分) =バスにて=
18:30頃 新宿駅周辺

ご予約はこちらから

// //