MustLoveJapan

吉野水分神社

観光案内

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町にある神社。世界遺産にも登録されている神社で、桃山時代の力強い社殿は独特で重要文化財に登録されている。また、子宝に恵まれる神社でも知られる。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【無】
8:00~16:00

アクセス
近鉄吉野線吉野駅からロープウェイで吉野へ。そこから徒歩40分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 吉野水分神社

詳細案内

吉野水分神社
主祭神:天之水分大神

創建年代は不詳であるが、一千年前の記録にはすでに登場する。水分とは「水配」の意味で、水を程よく田畑に配分する神様である。毎年4月3日五穀豊穣を願い御田植祭が盛大に行われその神事は吉野町の無形文化財として指定されている。

水分神社は古森の神になった事については「水配」が「みくまり」「みこもり」「こもり」と転じて子供を護る神子供を授ける神になったと言われている。

本殿は御祀神七柱を三つの社殿に奉記してその三つの社殿を一つの棟につないだ珍しい様式で水分造と言われている。

豊臣秀吉が1596年に吉野山への花見に来た時に水分神社に祈祷して、秀頼を授かったのでそのお礼として慶長3年に両建の工を起こし、後に秀頼が意思をつぎ慶長9年に完成した。桃山時代を代表的神社建築物として建物全部が国の重要文化財に指定されている。

神社の宝物としては、釣り燈篭、神輿