MustLoveJapan

山梨県リニア見学センター

観光案内

山梨県リニア見学センターは、時速500kmで走行する超伝導リニアを間近で見学できる日本唯一の施設。「どきどきリニア館」では、走行試験の見学だけでなく、様々な装置によって、リニアの仕組みを体験しながら学ぶ事が出来る。超伝導リニアの走行試験は、予定されている日では一日に何度も実地される。スケジュールは公式ホームページにて確認できる。間近で時速500kmを体感できる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人420円、高校生310円、中小学生200円
団体割引
わくわくやまなし館は無料
開館時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は休日明け)祝日の翌日(翌日が金土日は営業)12/29~1/3
Official Web

アクセス
大月駅から路線バス


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 山梨県リニア見学センター

詳細案内

山梨県リニア見学センター
種類:リニア 超伝導 新幹線

リニア中央新幹線は東京-名古屋間が2027年に開業予定ですが、開業まで時速500km走るリニアの走行している様子が見られるのは山梨県のみ。山梨リニア実験線での走行試験の様子を見学したり、超電導リニアやリニア中央新幹線の概要を模型や各種の展示物等によって紹介し、来館された皆様に次世代の高速鉄道と言われる超電導リニアについて理解をしていただけるようになっている。

新設した「どきどきリニア館」では、2003年に世界最高速度を記録した試験車両の実物をシンボル展示とし、超電導リニアの仕組みや原理を体験しながら学ぶことができる。1Fから3Fのどのフロアでも走行が見学でき、屋外見学テラスでは、時速500km
既存の「わくわくやまなし館」では、2階に山梨県の観光情報コーナーを設ける他、リニアグッズや地場産品を充実させた新しい売店がオープンしている。

超伝導リニア MLX01-2
鉄道の世界最高速度、時速581kmを記録車両。超伝導リニアとは、車両に備えた超伝導磁石と地上に設置したコイルの間に生じる磁力の力で、車体を浮かせて走る、磁気浮上式の鉄道である。一般的な鉄道は、車輪レールの間に発生する摩擦力を使って走りますが、超伝導リニアはこの摩擦力に頼らないため、より早く安全に走る事が出来る。MLX01-2は、1995年山梨リニア実験線での試験走行のために誕生した車両で、2003年に世界最高速度を記録したのち、2011年まで活躍した。
車両に触れることや中に入る事が出来る。

超伝導のしくみコーナー
超伝導リニアは、車両とガイドウェイに設置された3つのコイルの働きより、浮上走行をすることが出来る。「超伝導リニアのしくみ」では、超伝導リニアが走行するために不可欠な「推進のしくみ」「浮上のしくみ」「案内のしくみ」について、簡単な発電の仕組みから始まる5つの体験装置で動かしながら学ぶ事が出来る。
「超伝導コースター」「超伝導ラボ」では、超伝導体が持つ特徴である「ピン止め効果」や超伝導状態になると電気抵抗がゼロになること、小さな電力で大きな磁力を作る事が出来る事などを学ぶ事が出来る。