MustLoveJapan

堺田分水嶺

観光案内

堺田分水嶺(さかいだぶんすいれい)は、山形県最上町にある分水嶺。太平洋と日本海に分かれる分水嶺で東側は江合川、旧北上川を経て116Kmを下り、宮城県石巻市の太平洋へ、西は小国川、最上川を経て102Kmを下ると山形県酒田市の日本海へ注ぐ。標高は338mある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
時間:9:00~17:00
見学:4月~11月

アクセス
JR陸羽東線堺田駅から徒歩すぐ


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 堺田分水嶺

詳細案内

堺田分水嶺
種類:分水嶺

堺田越にある分水嶺は標高338mにあり、太平洋と日本海に分かれる大分水嶺である。東北地方の背骨とも言える奥羽山脈は、日本海と太平洋とを分ける。降った雨が日本海の水になるか、太平洋の水になるかの境目を分水界といい、それが山脈の尾根にある場合、大分水嶺と呼ぶ。駅前広場にある用水路を着たから流れてきた水が東西に分かれる。水が分かれる様子が見える分水嶺は珍しい。