MustLoveJapan

奥入瀬渓流

観光案内

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県の十和田湖を源流とする渓谷。日本を代表する景勝地で、国の天然記念物および特別名勝に指定されている。長さ14kmあり、遊歩道が整備されており、歩道からは多くの滝が楽しめる。清流美しく、初夏には新緑、秋には紅葉と様々な魅力を持つ青森随一のスポットである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
レンタル自転車有

アクセス
焼山から石ヶ戸か子ノ口まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 奥入瀬渓流

詳細案内

奥入瀬渓流
種類:渓流 天然記念物 特別名勝 清流 滝めぐり

奥入瀬渓流は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流である。十和田八幡平国立公園に属する。国指定の特別名勝及び天然記念物に選ばれている青森を代表する景勝地である。滝が多く流れ込むほか、阿修羅の流れなど美しい清流が楽しめる。ハイキングではバスを使って行うことも出来る。使わない場合は片道4時間かかるが、バスを使って要所のみのハイキングを楽しめる。トイレは少ないので注意。

銚子大滝
幅20m、落差7mの大滝で本流にある唯一の滝。

九段の滝

姉妹の滝
姉妹のように二つ並んだ滝。道路側にある。

不老の滝

白布の滝

雲井の滝
奥入瀬でもっとも見事な滝。落差25mの2段の滝。