MustLoveJapan

尾瀬の水芭蕉

観光案内

尾瀬は日本でもっとも行きたい観光地のひとつ。群馬県と福島県の県境にある湿地帯を囲む高原で、5月下旬から6月にかけて見事な水芭蕉で知られる。尾瀬と言えば水芭蕉、水芭蕉と言えば尾瀬というぐらいに知られている。他にも多くの高山植物で知られる花の宝庫である。同時期には、ニッコウキスゲが咲くほかツツジ、アジサイも楽しめる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
五月下旬から六月中旬。

アクセス
マイカー規制有。国道405尾瀬戸倉温泉あたりに駐車場とシャトルバス発着場有。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 尾瀬の水芭蕉

詳細案内

尾瀬の水芭蕉
種類:水芭蕉 ニッコウキスゲ

この動画は、群馬県側鳩待峠からのルート。道中から山ノ鼻周辺の水芭蕉を紹介しています。

尾瀬は、福島県・新潟県・群馬県の三県に広がる高原。尾瀬ケ原はその中心となる湿原で約1万年前の火山活動によって形成されたと考えられる。

尾瀬ケ原は、水芭蕉や水苔などの貴重な植物群落が有名であり、関東近郊で最も人気の高いハイキングスポットでもある。標高2000mの山々に囲まれており、尾瀬ケ原の標高も1,400mと高く、涼夏の場所としても知られる。清流からなる美しい湿原には水芭蕉以外にも多くの貴重な植物が見られ、国立公園および特別天然記念物に指定されている。

尾瀬ケ原を散策する木道は整備されており、天気がよければ比較的軽装で楽しめる他、高低差が少なく年配の方でも十分に楽しめる。湿原には池塘と呼ばれる池や、川の流れから形成される拠水林等が形成されており、独特の景観を生み出している。拠水林は川の両側に溜まった土砂に出来た樹木の林で、湿原では唯一樹木が成長出来る。尾瀬ケ原はこの拠水林によって多くの田代と呼ばれる湿原に分割されている。

尾瀬