MustLoveJapan

ミニチュア建造物

観光案内

ミニチュア建造物は、弘前市にある観光名所。追手門広場内に、多くの洋風建築が立ち並ぶことで有名な弘前の洋館の1/10サイズのミニチュアが立ち並ぶ。14棟のミニチュアが立ち並び、またオリジナルの図書館などもあり、実物との比較も楽しめる。東奥義塾や図書館の他にもねぷた祭りの山車の展示館などもある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
時間:9:00~18:00

アクセス
弘前駅からバスで弘前市役所まで。そこから徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 ミニチュア建造物

詳細案内

ミニチュア建造物
種類:洋館

旧弘前市立図書館
昭和39年3月に竣工したこの建物は、斉藤主・堀江佐吉らが東奥義塾の敷地に建てて、市に寄付したものである。設計・施工は堀江佐吉で、木造洋風・ルネッサンス様式を基調とした手法に和風様式が随所に取り入れられている。外観は石積み基礎に白しっくい塗り壁、屋根はレンガ色の鉄板葺き、各階の軒下蛇腹・窓の形・屋根飾り・八角形の双塔を左右に配して柱型を強調するなど、洋風技法の水準の高さを感じさせている。

その後、昭和6年まで市立図書館として利用されていたが、図書館の移転にともなって堀江家の子孫に払い下げられ、市内富野町に移築されたものを平成2年7月に現在の位置に移築された。
一階は旧図書館の形態を復原して公開し、旧図書館の関連資料の展示を行っている。二階は郷土の出版社の出版物を展示し、郷土の文字の動向や文芸団体の活動を紹介している。