MustLoveJapan

桑名城

観光案内

桑名城 (くわなじょう)は、三重県桑名市にある平城。東海道桑名宿にあり、交通の要となっている。また川と海の水を堀に取り組んでいる事から水城とも称される。関が原の合戦の後、徳川家康の家臣本田忠勝が10万石で入城しもともとこの地にあった城を改修し築城した。現在は堀と縄張りの遺稿が残るのみであるが、往年の城を思わせる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
桑名駅から徒歩で東へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 桑名城

詳細案内

桑名城
城郭構造:梯郭式平城
築城:1601年 本田忠勝
状態:城址

1601年、本田忠勝が桑名藩主となり、城下町割と共に本格的な城の建設を行った。本丸の北には新城三の丸と呼ばれる一郭が築かれ、城主が住んでいる御殿が設けられた。城の一郭には船着場も整備されており、天守をはじめ多くの櫓や門などが整備され、同時に城下町も整備された。

東海道桑名宿「七里の渡」があり、歌川広重の東海道五十三次にも描かれている。

蟠龍櫓が復元されており、二階が資料館となっている。