MustLoveJapan

貴志駅

観光案内

貴志駅(きしえき)は、和歌山県紀の川市にある駅。わかやま電鉄貴志川線の終点で、猫の駅長で有名な駅である。現在は二代目タマ駅長「ニタマ」が駅長を行っている。タマを模したキュートな駅舎にタマミュージアムとカフェを供えており人気の観光地となっている。

観光情報
駐車場【無】貴志川の河岸に無料駐車場有
トイレ【有】
時間:10:00~16:00
お休み:水曜日と木曜日

アクセス
わかやま電鉄貴志川線の終点。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 貴志駅

詳細案内

貴志駅
種類:タマ 猫の駅長 

「たま」は三毛猫で2007年から2015年まで貴志駅の駅長を務め、同じ三毛猫の「ニタマ」とともに和歌山観光とローカル鉄道再生のシンボルとして重要な役割をはたしている。

2015年6月22日に「たま」はこの世を去り「名誉永久駅長」となった。「たま」は今、和歌山電鉄と地方公共交通の守り神「たま大明神」として、貴志駅のホームに建立された「たま神社」でお客さんを出迎えています。現在は、伊太祈曽駅長を務めていた「ニタマ」が「たまII世駅長」を襲名し、貴志駅駅長に就任した。従業員と同じように、たまII世駅長には就業時間がある。