MustLoveJapan

観音の滝

観光案内

観音の滝(かんのんたき)は、佐賀県唐津にある滝。迫力ある滝で日本の滝百選に選定されている。落差45mあり、幅は10mある。滝川川水域にあり、周りには8つの滝と淵が存在する。それをめぐる散策路が整備されており、清流を楽しむ事が出来る。滝の脇には、滝の名の由来となった「生目観音」を祀った福聚院がある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
車で国道323号から滝川交差点を観音の滝方面へ。


特集

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 観音の滝

詳細案内

観音の滝
種類:滑滝
落差:45m

観音の滝は、佐賀県の巨大な滝。目を洗うと眼病が治ると伝えられる「生目観音」があり、名前の由来となっている。
400年前に、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に名護屋城を築き、松浦一の美女と呼ばれた広沢の局を側室にした。広沢の局は目の病気を患わせていたが、この滝の水で洗ったところたちどころに治ったと伝えられる。それ以降、眼病平癒のご利益がある観音様として多くの人が訪れる。