MustLoveJapan

昼飯大塚古墳

観光案内

昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)は、岐阜県大垣市にある前方後円墳。堀を含めた長さは180mある巨大な古墳で、現在当時の姿に復元されている。築造年代は約1600年前と考えられる。石棺からは多くの出土品が発見され、大垣市歴史民俗資料館に展示されている。岐阜県最大の古墳。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】

アクセス
JR美濃赤坂駅から徒歩。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 昼飯大塚古墳

詳細案内

昼飯大塚古墳
種類:前方後円墳
年代:4世紀末
規模:墳丘長約150m、後円部径99m、高さ13m、周壕含む全長180m

昼飯大塚古墳は、当時は三段で、墳丘の斜面全体に遺志が隙間無く葺かれていた。石は近くの大谷川などから運ばれてきた。平坦な部分には多くの埴輪が置かれていた。

昼飯大塚古墳からは多くの遺物が出土している。後円部山頂からは4000個以上の玉類が、木管直葬部分からは刀などの鉄製品が40点余り出土した。全体には1500個の埴輪が並べられていたと考えられる。

この周辺には多くの古墳があり、粉糠山古墳は前方後円墳としては全国で10番目の規模を誇る。