MustLoveJapan

鳳来寺山ハイキング

観光案内

鳳来寺山(ほうらいじさん)は、愛知県新城にある山。人気のハイキングスポットで知られ、山全体が鳳来寺の境内となっている。創建の古いお寺で麓から本堂があるところまで石段1425段を登りそこから奥ノ院、山頂、天狗岩と回るコースである。本堂までの石段は比較的軽装でも登れるが、本堂から奥ノ院、山頂は本格的なハイキングとなる。山頂に眺望は望めないが、途中各所で東三河を一望できるスポットがある。また歴史的な文化財も多く歴史を感じながらハイキングを楽しめる人気の山である。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR飯田線本長篠駅からバス鳳来寺山へ。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 鳳来寺山ハイキング

詳細案内

鳳来寺山ハイキング
難易度:初心者
時間:4時間
標高差:475m

鳳来寺山の標高は695mで麓からの標高差は約475mある。また、鳳来寺本堂は標高450mの地点に鎮座し、山麓から延びる1425段の石段は全国有数の規模である。

鳳来寺山は今から1400万年前に起こった火山噴火とその後の侵食作用によって今の形となった。そのため、ここの地質は火山活動によって溶けて冷え固まった岩石や火山灰で成り立っている。鏡岩に代表される切り立った岸壁などの特異な景観は神秘的なものとして古くから人々を惹きつけ、703年に鳳来寺がこの山に開かれた。平安時代になるとここは、仏教の教えを会得したい人々によっての聖地となり、その中で真言宗や天台宗の二つの信仰が特に学ばれた。

さらに、鳳来寺本尊の薬師如来へ病気の平癒や災除などを願って、中世や近世では武士や多くの一般の人々もこの地を信仰するようになり、鳳来寺は江戸時代には最盛期を迎えた。